事例企業インタビュー

一覧に戻る
事例企業インタビュー:株式会社セイダイ

事例企業インタビュー:株式会社セイダイ

株式会社セイダイ
代表取締役 寺谷 武史 氏

全員接客をモットーにお客様にわかりやすい家づくりを伝えるショールーム

 

金沢という寒冷地でありながら、エアコンひとつで冬を過ごせるという高気密高断熱の性能を持つ家づくりは、私どもの強みです。お客様には大変喜ばれる一方、この強みを見込み客にうまく伝えきれておらず、販促や営業手法を船井総研とともに見直しました。その中で、技術を体感できるツールとしてショールームを建築しました。

船井総合研究所との関わり

  • Before

    北陸で一番といわれる高気密高断熱の性能、工法をもっているにも関わらず、その良さをうまく伝えきれておらず伸び悩んでいた。

    「どうしてこの家が売れないのだろう・・・」「どうしてお客様は良さをわかってくれないのだろう・・・」そう思う日々が続きました。

     
  • Action

    セイダイの強みを明確にし、「130坪ショールーム」を導入。これまでの「建物を見たい」と思っているお客様ではなく、「相談したい」を動機にした見込み客を誘導・集客し、家づくりの基礎キホンを伝える営業手法を構築した。

  • After

    オープン後、予想の2倍の集客で、売上3倍に成長。お客様の追客やプラン作成、土地探しに追われる日々ではあるが、ショールームを起点とした集客方法は大成功で、今ではチラシはほとんど撒いておりません。増税に向けて新たなるビジネスモデルを構築中

見せるだけでなく、伝えるショールーム~オールセイダイの全員接客~

事例企業インタビュー:株式会社セイダイ

「家を建てたい」と思った時、他の商品と違って安さやデザインだけで選ぶことはできません。とはいえ、情報が多すぎて最適な判断ができないというのがお客様の本音ではないかと思います。展示場や見学会で「見せる」ことも大切ですが、ショールームで「納得していただく」ことに重きを置きました。コンセプトや特長をショールームで説明することで、知りたい情報を得ることができるようになっています。なぜこの性能がよいのか、住みやすい理由、私どもの会社ならどんなことができるのかを表現したのです。例えば、私どものショールームはエアコン1台で冬も夏も快適に過ごすことができるということをお話しすると、お客様はとても驚かれます。

 

 

 

お客様が来場されると、事務所の全員で出迎え、スタッフがお客様を案内します。売り込みを行うような専属の営業はいません。設計やアシスタント、工事管理、広報担当や経理まで全員で一軒の家を建てるという方針を「オールセイダイ」と呼んでいます。


どのスタッフも自社の商品を理解し、次回のアポイントをとることができます。小さなお子様がいらっしゃったら、子ども好きな社員が一緒に遊びます。売り込みをしないオープンな関係が信頼となり、「また来るね!」と、まるで友人宅に遊びに来るように気楽にお越しいただいています。

最低限の共通ルールをマニュアル化することで全員接客ができます。担当ごとの縦割りではなく、家づくりがどのように進んでいるか、どのようにお客様に喜んでもらうかを全員で共有することで、より自分の専門領域が発揮できます。家の引渡し時には、お客様と社員全員とがすっかり打ち解け、まるで家族のようになっています。

このようなチームプレーはコミュニケーションが命です。挨拶は当然のこと、全員がお互いに声かけするようにしています。そうすることで全員での連携プレイが可能になるのです。先日は経理スタッフが「ショールームのご案内をロールプレイングしたいから手伝ってほしい」と申し出てきました。

ともに何度も練習を繰り返しました。このような一体化した雰囲気は、必ずお客様に伝わると思います。また、家づくりは結婚と同じで、相性もあると社員に伝えています。さまざまな角度から見て本音で接し、理解しあうことが必須です。社員には「お客様は自分の彼氏(彼女)だと思って接しよう」と伝えています。そうでなければ長続きしないのです。

社員は全員が自ら考え、チャレンジし、相談しあって自主的に動いています。こうして、当初2億5,000万円ほどだった売上は7億円を突破しました。今後は10億円も見えています。

企業情報

事例企業インタビュー:株式会社セイダイ
◆社名  株式会社 セイダイ
 
◆本社  石川県金沢市
 
◆代表者   代表取締役 寺谷武史
 
◆資本金   1000万円
 
◆創業 1977年6月
 
◆社員数 16名(社長1人 専務1人 工務4人 設計5人 営業1人 広報3人 経理1人)                                        2015年10月1日現在
前のインタビューへ 一覧に戻る 次のインタビューへ
ページ先頭へ戻る