研究会実況中継

一覧に戻る
塗装ビジネス研究会2018年12月総会

塗装ビジネス研究会2018年12月総会

開催日:2018年12月14日
開催場所:(株)船井総合研究所 丸の内オフィス
皆様、こんにちは!
 
塗装ビジネス研究会の山本です。
2018年12月度の塗装ビジネス研究会の様子をお送り致します。
 
今回の例会は「最高の2019年にするための時流予測&豪華ゲスト講座!」と題して開催させて頂きました。
 
さて、本講座の概略を以下に御まとめ致しました。

下半期の振り返りと2019年の対策

冒頭講座は「下半期の振り返りと2019年の対策」と題して弊社久山より、2018年度の時流を基にした2019年の対策についてお話させて頂きました。

1.     2018年の業界動向
(1) 量販店のリフォーム&塗装付加
(2) ハウスメーカーの塗装・外装の強化
(3) ホームセンター・消費者協同組合の塗装付加
(4) メーカー主導の塗装店強化
(5) WEB専門FCの台頭
(6) 塗装専門店の団体加盟化加速
(7) 自然災害による外装リフォームニーズの顕在化

2.     2019年の対策
(1) 屋根商品強化
①     金属サイディング(カバー・葺き替え)
②     塗装職人でもできる金属屋根材(スマートメタル)
③     材工1万~1.2万円(80㎡)
(2) 消化力アップ ※班×1.5棟~2棟消化
①     板金業者開拓⇒最低2班
②     塗装職人開拓⇒最低10班~15班
③     塗装職人多能工化⇒最低1班
④     外国人採用
(3) 認知度アップ
①     ショールーム出店
②     野立看板数
③     WEB×チラシ×イベント開催数
(4) 単価アップ
①     高単価塗装商品⇒平均客単価120万以上のラインナップ(180万まで商品化)
②     価格客の分析、絞り込み
③     価値提案営業
(5) 生産性アップ
①     訪問なし概算積算
②     ドローン診断
③     パート活用積算
④     各オペレーション専任化

3.     2019年に必要とされること
(1) 1番を作る
(2) 屋根強化
(3) 施工体制強化
(4) 単価アップ
(5) 生産性アップ
(6)OBリピート・紹介強化
下半期の振り返りと2019年の対策
塗装ビジネス研究会AWARD&MVP特別講座

塗装ビジネス研究会AWARD&MVP特別講座

講座の後には、毎年恒例となりました『2018年度塗装ビジネス研究会アワード表彰式』が行われました。
今年も優秀な成績を残された営業や他社のモデルとなる取り組みをされた会員企業様を表彰させていただきました。

本年は、一部表彰項目の改訂などがありましたが、
どの表彰会員企業様も素晴らしい取り組みや成果を残された方ばかりでした。
業態の取り組みもますます専門店化が進む中で、
どんなビックリ事例がとび出すのか来年度もますます楽しみになるばかりです!

また、MVP企業に見事輝かれました株式会社達美装代表取締役 髙見澤達也様より「株式会社達美装13年間の軌跡と成長」と題してお話を頂きました。

内容は、ご参加いただいた方のみの特別講演となっておりますが、この一年間の達美装様の取り組みをオープンマインドでお話いただけました。

【ゲスト講座】業界の課題「職人不足」を解決!私の職人採用・育成術!

特別ゲスト講座として、株式会社郡山塗装代表取締役 佐藤隆様より「業界の課題「職人不足」を解決!私の職人採用・育成術!」についてお話をいただきました。

1.外国人採用
海外人材の課題「そもそも受入れ態勢が悪い」⇒『海外人材は使えないと言われているものの、そもそもの受入れ体制側の問題が大きい』
・劣悪な環境での研修を強いられ、適切な研修がされないまま企業に派遣される。
・企業派遣後も指導監督のない状態でそのまま業務につかせている。⇒中には死亡事故や手足の欠損事故にも繋がっている
・生活習慣になれず失踪に繋がっている。
日本の人材も海外の人材も一緒。心と心の繋がりが大切。

2.
人材育成
①     国家資格「建築塗装技能士」習得で技術知識、技術力を身に付ける。
②     2級建築塗装技能士を高校卒業後3年目(実務経験2年以上が受験資格)で取得が目標
③     想いを伝え、喜びを共有、技術を伝承する取り組み

など、人手不足が塗装業界で大きな改善が起こるとは考えずらい以上、採用・教育に力を入れていく佐藤社長の取り組みには信念があり、質疑応答も大変盛り上がりました。


【ゲスト講座】業界の課題「職人不足」を解決!私の職人採用・育成術!
前の研究会へ 一覧に戻る 次の研究会へ
ページ先頭へ戻る