住宅不動産部とは 新築住宅 分譲住宅 不動産仲介&リフォーム リフォーム 賃貸仲介 賃貸管理 土地活用 住宅購入相談所

「賃貸仲介・賃貸管理での基幹システム変更での注意点」WEB賃貸仲介ビジネスでの圧倒的集客アップ法則 vol.26
2017年6月19日
賃貸仲介ビジネス

いつもありがとうございます。
船井総研の宮下です。
 
宮崎から鹿児島へ。
2時間ちょっとの特急電車に揺られながら、このコラムを書いています。
九州って、個人的に大好きです☆

 
さてさて、今は6月。

繁忙期で噴出した自社の課題に向き合い、
解決策を進めていなくてはならない時期です。
順調に進めていらっしゃいますか?
 
全国各地の不動産会社さんの経営支援をさせていただいているなかで、
この時期に多いのは主に3つの取組みですね。
 

①オーナー提案系の業務
②システム変更系の内容
③組織変更による実行力アップ
 
このうち、システム変更系の業務だと、下記のような内容が多いです。
※①の内容はコチラ  
・自社WEBサイトへの物件掲載システムの変更
・賃貸管理業務システムの変更

 
いずれの業務も「一大プロジェクト」として、
「変更実施期間」を決めて一気に行なう必要があります。
 
そうしないと「業務効率化」を目指したはずが、
かえって「業務煩雑化」を引き起こすことになります。
しっかリーダー計画立てていかないと行けません。

 
そういえば、このところ、
「システム変更」をする不動産会社さんが増えていますね。
 
規模が拡大していることも有りますが、
やはり時代の転換期なのたと感じます。
 
時代の求めるスピードでサービスを提供し続けられるよう、
常に進化し続けていたいですね。
 

 


【無料経営相談】賃貸仲介専門コンサルタントにご質問・ご相談ください

皆様のご意見、ご要望、ご質問、読者の方々の近況等、何でもお待ちしています!

>>無料の経営相談はこちら

 


担当コンサルタント

宮下 一哉

賃貸仲介・管理チーム チームリーダー チーフ経営コンサルタント
「地域密着型マーケティング」「人財を育てるマネジメント」の導入などにより、中小の賃貸仲介管理会社の業績アップを支援している。”聞くこと”を重視し、経営者の「想い・ビジョン」を”カタチ”に変えて現場リーダーに落とし込むことで社内一体化を進めていく手法が好評を得ている。1年300日以上を”現場”で費やし、全国各地で業績アップのコンサルティングを行なう一方、全国賃貸管理ビジネス協会,宅建協会などでの講演を多数行なっている。>>詳しく見る


このコンサルタントに無料経営相談を申し込む

 
>> メルマガを購読する

Facebook D䑍yZEsYz
無料経営相談 0120-958-270(平日9:00~18:00)
ページトップ
無料経営相談 0120-958-270 ネットからのご相談はこちらから