住宅不動産部とは 新築住宅 分譲住宅 不動産仲介&リフォーム リフォーム 賃貸仲介 賃貸管理 土地活用 住宅購入相談所

業績UPにつながる最前線の経営情報 コンサルティングコラム
2018年5月23日
土地活用ビジネス

 
皆様おはようございます!
船井総研の小屋敷です。
 
 
今回は、戸建賃貸の取り組みを
始める会社様で市場調査を
させて頂いた際のお話です。
 
この会社様は、
北海道にて戸建賃貸を
今年からスタートします。
 
その際に
まず大切になってくるのは市場調査。
 
北海道で戸建賃貸が成り立つのか・・・
と思いましたが、
先月お伺いさせて頂いた際に、
賃貸市場の統計調査や
不動産会社へのヒアリングを通して、
結論、この地域で
“戸建賃貸は成り立つ“
と判断しました!
 
では、今回の地域では、
何を根拠に戸建賃貸は
成り立つと判断したのか。
 
さて、その根拠とは、、、
 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
ズバリ、
①家賃相場
②ニーズ
③供給率

の3つです。
 
1つ目は家賃相場です。
利回りを考慮すると、
10万円あると良いです。
 
実際、今回の地域で
10万円は厳しいと思っていましたが、
調査して分かったのは、
家賃10万円は取れるということです。
 
理由は、以前は、
発展していた地域だったため、
家賃が高止まりしているからだそうです。
このあたりは、実際に市場調査を
してみないとわかりませんね。
 
2つ目はニーズです。
賃貸経営も経営ですから、
ニーズの高い賃貸物件で
勝負する必要があります。
ニーズが高ければ、
入居率も高いですからね。
 
戸建賃貸の入居者は、
医者や大手企業の出向者が多いです。
そのため、ニーズを把握するには
彼らが多く居住する地域か否かが
ポイントとなります。
 
今回は、彼らが多く居住する地域
でしたので最適でした。
 
3つ目は供給率です。
全国的に戸建賃貸の供給は
少ないと言われていますが、
やはり地域性はあります。
 
そのため、手間はかかりますが、
統計等から供給率を調査する必要があります。
 
今回の地域は全国平均と
比較してまだまだ少ないという
結果が出ました。
 
さて、
皆様の地域はいかがでしたでしょうか。
 
もし3つとも当てはまるのであれば、
戸建賃貸に最適な地域と言えます。
 
ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。
 
弊社では、
市場調査や経営相談も承っております。
お気軽にご連絡頂ければと思います。
 
 
…………………………………………………………………………………■□■ 
▼初回無料の経営相談の詳細はこちら↓
https://www.fhrc.jp/form/contact
 
※電話にて30分前後の無料相談受け付けます。
(順不同、場合によっては全て対応しきれない場合がある旨ご了承ください)

▼メールでのお問い合わせはこちら↓
メールアドレス:y-koyashiki@funaisoken.co.jp
 ■□■………………………………………………………………………………… 
 
 
その他、「セミナー」や「高齢者・障がい者住宅_土地活用研究会」等のお問い合わせは、
 
株式会社 船井総合研究所 土地活用チーム
 
担当:山路 瑠々(ヤマジ ルル)TEL:03-6212-2951 までお気軽にどうぞ。
 
 
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階 
・土地活用ポータルサイト: 
http://www.fhrc.jp/tochi/
 
 

2018年5月22日
土地活用ビジネス

 
おはようございます。
 
いよいよ街中でも
ジャケットを脱がれて
通勤される方が
目立ってきましたね。
 
私も朝の通勤で
汗が出る日が増えてきました。
 
 
先日、私の静岡県のご支援先で、
障がい者グループホームを
また2棟契約しました。
 
約200坪の土地に
2棟契約いただき、
非常に嬉しい報告です。
 
ただ今回の案件、
実は障がい者グループホームだけでは
おそらく失注していました。
 
なぜなら福祉系の住宅は
「一度建ててしまうと
 余った土地の活用が難しい」

からです。
 
実は今回、その使いづらい
余った土地の活用方法として
「コンテナボックス」も一緒に
ご提案して受注に至りました。
 
今回はその
「コンテナボックス」
についてお伝え致します。
 
 
実はこの「コンテナボックス」は今、
需要が非常に急増しています。
 
トランクルームをはじめとする
ストレージ事業は
2009年から年率4~8%ほどで
市場規模が増加しており、
まだまだ積極的に伸ばしたい
という業者も多くいる状況です。
 
市場規模は
2009年には401.1億円でしたが、
2015年には535.4億円へと
急成長しています。
 
立地としても
一般の賃貸ほど求められず、
障がい者グループホームが
建築できる土地と
うまくマッチする場合も
実は多くあります。
 
表面利回りとしても
おおよそ20%ほど
出るような活用方法です。
 
また、
借家借地借家法の適用外にでき、
クレームの発生要因も
少ないというようなメリットもあります。
 
そんなメリットがある
「コンテナボックス」ですが、
デメリットもあります。
 
それは入居が決まるまでの期間。
 
場所にもよりますが
コンテナ事業の場合、
おおよそ入居率が100%になるまで
3、4年ほどかかるケースも多々あります。
 
また、
コンテナボックスの場合は
集客の手段が限られており、
コンテナボックスを取り扱っている
一部の不動産会社と連携が
できないとこの提案も
「絵にかいた餅」になってしまいます。
 
こういったメリット、
デメリットはありますが、
「福祉系施設の提案で
 空いた土地を活用する」

という意味では
ご提案いただくと
面白いかなと思い、
ご紹介させていただきました。
 
土地活用は
オーナー様の資産を最大化することが、
1つのゴールでもあります。
 
私たちもただ福祉系の
住宅を建てるだけでなく、
もう一歩進んだ提案ができれば
さらに提案の幅が広がります。
 
改めてオーナー様の
資産の活用について
考えてみてもいいかもしれませんね。
 
…………………………………………………………………………………■□■ 
▼初回無料の経営相談の詳細はこちら↓
https://www.fhrc.jp/form/contact
 
※電話にて30分前後の無料相談受け付けます。
(順不同、場合によっては全て対応しきれない場合がある旨ご了承ください)

▼メールでのお問い合わせはこちら↓
メールアドレス:s-shimoeda@funaisoken.co.jp
 ■□■………………………………………………………………………………… 
 
 
その他、「セミナー」や「高齢者・障がい者住宅_土地活用研究会」等のお問い合わせは、
 
株式会社 船井総合研究所 土地活用チーム
 
担当:山路 瑠々(ヤマジ ルル)TEL:03-6212-2951 までお気軽にどうぞ。
 
 
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階 
・土地活用ポータルサイト: 
http://www.fhrc.jp/tochi/
 
 

2018年5月22日
賃貸仲介ビジネス

 
いつも「WEB賃貸仲介ビジネスでの圧倒的集客アップ法則」を
お読みいただき、ありがとうございます。
 
創業12年間で管理戸数
6,700戸まで伸ばした会社の取り組みとは。

 

いつもお世話になっております。
船井総合研究所の長(ちょう)でございます。
 
賃貸管理会社の皆様に
「完全ゼロ賃貸モデルによる管理拡大」
をテーマとした
「最新セミナー」のご案内になります。
『完全ゼロ賃貸モデルセミナー2018』

http://www.funaisoken.co.jp/seminar/031060.html
 
今回のゲスト企業は、
北海道旭川市にて、創業12年で管理戸数を
6700戸に拡大している「生活プロデュース様」です。
同社は、旭川市で仲介店舗を5店舗展開されており、
管理戸数ランキングでも旭川市の商圏では現在ではトップです。
 

『生活プロデュース様が
 急成長した5つのポイント』

 
1、管理オーナー担当とクレーム担当の業務担当を
  分業・船員化することで役割と責任の所在を明確化
2、自社独自の管理受託商品作りをしたこと
3、1000戸受託しながらも入居率91%から93%に
  向上させたリーシング・管理部の合同空室対策会議の開始
4、管理受託を主軸に据えた組織を作り、
  定期的なオーナーセミナーの開催
5、営業社員の時間を最大化させる
  パート活用による社内体制を構築
 
旭川の商圏で確実に実績を伸ばされた
この「自社独自の管理受託商品作り」から
始まる取り組みは、今後確実に地方エリアに
「人材不足が叫ばれる中、何よりも体制作りにこだわった」
「完全ゼロ賃貸」を全国各地ではすでに実施し始めているので、
聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
 
しかし、確実に管理受託商品として運用できているか、
そのための組織体制が構築されているかというと
まだまだ体制作りまでは徹底されていないのが多くの会社の現状です。
何故体制作りにこだわるのか?
 
それは今が人材不足の時代で、
優秀な人材を採用するのが難しいためです。
人材不足がより深刻化していく現代日本では、
「誰でもできる」ということが肝要です。
 
一部の優秀な人しか理解できないサービス、
一部の優秀な営業社員しか持っていない営業力に頼ると、必ず失敗します。
避けて通れない「他社との差別化」における最優先事項は、
他でもなく「他社と比較し、明確に差がある商品」を作り、
誰でもしっかりと成果を出せるように仕組化することです。
この機会に是非、自社独自の商品開発に取り組まれてはいかがでしょうか。
 

上記でご紹介いたしました事例は、
北海道旭川市の生活プロデュース様の最新事例になります。
このたび
●株式会社 生活プロデュース
代表取締役社長 神 幸博 氏

をゲスト講師としてお招きし、
完全ゼロ賃貸モデルでの具体的な
取り組み成功事例をお話いただきます。
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/031060.html
 
—————————————————–
【こんな会社の経営者様は是非ご参加を検討ください!】
 
・競争激化の賃貸仲介業・賃貸管理業で
 管理戸数を伸ばしたい会社様
・人口減少・供給過多時代でも、
 入居率95%超を継続的に実施したい会社様
・継続的にオーナー様からの
 相談案件を生むネットワークを作りたい会社様
・自社商品として管理を受託できる
 管理商品を設計したい会社様
 
—————————————————–
 
実際の具体的な業界最新の戦略を
直接お聞きできるのは本セミナーのみになります。
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/031060.html
 
今回が本事例に関しまして
“初”公開になります。
 
ぜひ3年後も見据えた事業基盤づくりのためにも
お早めにお申し込みください。
 
また今回はセミナー内容の一部を事前に
公開する
ダウンロードテキストをご用意しております。
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

↓↓↓↓ダウンロードテキストはこちらから↓↓↓↓
https://www.funaisoken.ne.jp/mt/fudousan271/susume-25-dl.html
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 
※各会場先着順でのご案内で
上限人数に達しましたら締切とさせていただきます。
満員でご予約をお断りさせて頂くことも
ございますのでご承知くださいませ。

 
皆様のご参加心よりお待ちしております!
 
船井総合研究所 長 敏彦
 
—————————————————–
船井総合研究所主催
「完全ゼロ賃貸モデルセミナー2018」
 
【日程】2018年
東京会場 6月7日 13:00~17:00 (12:30会場)
大阪会場 6月8日 13:00~17:00 (12:30会場)
 
詳しくは下記ホームページをご覧ください。
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/031060.html

 
 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
船井総研の「長 敏彦(ちょう としひこ)」でした。
本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。
 
 【コンサルタント・長へのダイレクト経営相談】は、こちら。
   ⇒ t-cho@funaisoken.co.jp
 
 
▼賃貸仲介コンサルティングサイトはこちら▼
http://www.fhrc.jp/chintai/
 
▼【賃貸仲介会社向け】たった2ヶ月で「成約率60%」を実現した秘訣!大公開DVD ▼
http://www.funaisoken.co.jp/goods/615202.html
 
▼無料経営相談窓口▼
https://www.fhrc.jp/form/contact-chintai
 
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
 
 

2018年5月21日
不動産業績アップメルマガ, 中古リフォームビジネス

【経営者様限定!】
『無料勉強会のご案内』

 
こんにちは。
本日は\10社様限定/
「中古+リフォームビジネス研究会」無料お試しのご案内になります。
 
詳しくはこちら>>
http://www.fhrc.jp/chuko_reform/study/chuko_reform/
 
さて、昨今は未曾有の採用難時代です。
 
過去5年の有効求人倍率を遡ると、
 
’13年:0.80倍
’14年:0.96倍
’15年:1.05倍
’16年:1.19倍
’17年:1.36倍
(参照元:e-Stat)
 
となっており、経年で増加傾向にあります。
 
日本がバブル景気真っただ中の1990年の有効求人倍率が、
1.26倍(参照元:e-Stat)であるため、現状が如何に高い数値を
示しているかが分かります。
 
これは企業視点で見ると、「人財採用が難しい」
状況です。バブル時代を凌ぎます。
 
このような時代において、経営者様がどうしても避けたいのが、
「人財の流出」かと思います。
 
折角の思いで採用した人財が、直ぐに辞めてしまった。。。
 
そんな思いをした方も数多くいらっしゃるかと思います。
 
今日のような採用難の時代の人財の流出は
会社にとっては致命傷にもなりかねません。
 
このような時代に、経営で必要なことは人が辞めない、
かつ人財の早期育成ができる体制を整えることです。
 
大阪府を拠点に置くALLAGI株式会社様は中古リノベ事業の店舗である
「中古マンション×リノベーション専門店」nextを立ち上げ、
平均年齢27歳の不動産未経験者が活躍しています。
わずか2年で売上5億達成。
今では、会社の新卒及び若手育成のための部署として位置付けられています。
 
人が辞めない、早期育成できるビジネスモデルの内容は下記をご覧下さい。
 

『会社の人財を早期育成する方法』~不動産業績UPメルマガ Vol.96~


 
本日は、next様も導入されている
「中古リノベビジネス」をテーマとした無料勉強会の
ご案内になります。
 
本勉強会では約80社様程の会員様が在籍しており、
各会員様が成功事例を共有する場となっております。
 
人が定着するビジネスモデルのヒントが必ず得られる場です。
お申込みをお待ちしております!
 
【経営者様限定!】
中古+リフォームビジネス研究会
\無料お試しご参加/

 
会場:船井総合研究所 丸の内オフィス
日時:2018年6月25日 11:00〜17:00
 
詳しくはこちら>>
http://www.fhrc.jp/chuko_reform/study/chuko_reform/
 
 
 

2018年5月17日
住宅リフォームビジネス

 
こんにちは。船井総合研究所の齋藤 勇人です。
今週も最新メルマガをお送りします。それではご覧ください。
 
※このメルマガはこれまで、
私共、リフォームビジネスコンサルタントと
ご縁があった皆様に、メルマガで情報発信を行っております。
皆様のお役に立てば幸いです。
 
 
≪要点をまとめると…≫
 

  • ポイント1 
    人が育つ環境をつくることで、
    事業の生産性を効率良く高める
  • ポイント2
    価格明瞭で売りやすいパック商品が、
    業務効率と生産性を高める
  • ポイント3
    パック商品×実物展示ショールーム営業で、
    見積不要の即決受注
  • Facebook D䑍yZEsYz
    無料経営相談 0120-958-270(平日9:00~18:00)
    ページトップ
    無料経営相談 0120-958-270 ネットからのご相談はこちらから