住宅不動産部とは 新築住宅 分譲住宅 不動産仲介&リフォーム リフォーム 賃貸仲介 賃貸管理 土地活用 住宅購入相談所

業績UPにつながる最前線の経営情報 コンサルティングコラム
2018年11月15日
賃貸仲介ビジネス

「【日本一の利益率】たった1.5名で1,000戸を運営する三福管理センターの秘密」

 

全国の賃貸管理・仲介会社の皆様
いつもお世話になります、船井総研の梶です。
 
先日、全国賃貸新聞様に記載して多くの反響を頂きました三福管理センター様の事例をご紹介させて頂きます。
 
題名にも記載をさせて頂きましたが、ゼロ賃貸でも有名な三福管理センター様は、たった1.5名で管理1000戸を運営する「高効率賃貸管理」によって、一人当たり2,500万、管理+1000戸/年、入居率98%を実現しています。
 
営業利益は脅威の数値を実現しています。
 
その軌跡を下記にまとめさせて頂きます。
 
詳細URL:https://lp.fhrc.jp/seminar/039695-lp.html
 
2011年当時、管理戸数は6,000戸あまりを、社員16名、パート6名で回す体制。
管理6,000戸をエリアで区切り、1,000戸を管理営業、管理業務、管理サービスの1,000戸を3名体制で、1人当たりの粗利1,500万は地方都市ではトップクラスの生産性でした。

 
毎期115%の管理戸数、売上を伸ばすのがビジョンだったため、毎年1000戸増やす、管理戸数に比例し、3部門で社員を各1名増やせば、成長し続けられると永井社長は考えていました。
 
しかし、思うようにいきませんでした。
 
完全ゼロ賃貸も、まだ商品としては未完成な部分の中(曖昧な料金内訳で第三者からの指摘も入る)、同商圏内でも類似商品が出回り始め、空室対策や管理拡大においても、社員による提案力、業務遂行力が求められるようになりました。
 
もともと、新卒社員はグループの賃貸仲介会社で行っており、三福管理センターでは、成長する中では、中途採用中心に採用と教育を続けるが、教育が追い付かず、社員を育てるのに2年はかかり、その間新たな社員が採用できす、業務過多になった社員が年間3~4名は辞めていくという状態に陥ってしまった。
 
管理営業(オーナー担当)、管理業務(建物・入居者管理)の業務をもっとカンタンに、誰でもできる方法に作らなければ、先がない。
また商品のライフサイクルは3年が限界。商品開発、業務効率を本気で取り組もうという転機になった。
 
詳細URL:https://lp.fhrc.jp/seminar/039695-lp.html
 
まず方向性を、毎年115%成長目標として、管理戸数、売上・粗利目標にしていたが、同じく115%の営業利益目標へ変えました。まずは止める事を決める。
 
満室の部屋の鍵預かりを止める、社内への電話を止める、オーナーも電話がならないようにする、退去立会を止める、滞納督促を止める、管理会社と思えないほど、主要業務をなくしてしまった。
 
☆管理6,000戸時代の体制が社員16名パート10名だったのに対し、最新の管理戸数見込みが1万戸超の現在、同じ社員数16名でパートは10名。
 
永井社長は、生産性を上げるポイントは5つだとお話しします。
 
(1)外注企業活用
(2)パート増員
(3)デジタルシフト
(4)商品仕組み化
(5)業務の標準化

 
になります。
 
(1)(2)の外注できる、またパートができる業務をどれだけ増やせるか?の考えを前提に取り組んでおり、(3)に関しては、巡回清掃による現地での写真撮影、文字入力はすべてデジタル化に取り組んでいます。
 
デジタルシフトについて、いずれRPAやAIがやれる範囲も広がると先を見ています。
 
(4)に関しては、完全ゼロ賃貸やゼロリノベなどの、誰でも売れる商品を作る(商品化)。
(5)社員が自然とやらなければいけなくなるような仕組みを作る(業務の仕組み化)になります。
 

根本の考えとしては、社員の業務を☆外注化☆パート化☆デジタル化させることで、生産性を向上させようと言うものになります。
 
ぜひ4月~繁忙期明けの管理繁忙期に向けて、この仕組みを構築して頂ければと思います。
 
最後に告知をさせて頂きます。
本日成功事例でご紹介した三福管理センター 永井社長をお呼びし勉強会を実施します。

 
ぜひお日にちが合いましたら、ご参加頂けますと幸いです!
・2019年1月17日(木)13時~@東京

 
▼お申し込みは下記

https://lp.fhrc.jp/seminar/039695-lp.html

 
今後とも船井総研を宜しくお願い致します。

 
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
 
 

2018年11月14日
住宅リフォームビジネス

今週の業績UPのポイントは「非競合マーケットで勝負する」
 
 
こんにちは。船井総合研究所の吉川顕です。
今週も最新メルマガをお送りします。それではご覧ください。
 
▼新規参入事例はこちら▼
http://www.fhrc.jp/reform/seminar/037732_lp/
 

住宅会社・ビルダー様がリフォーム業界新規参入で成功する理由!

 
増改築リノベーションビジネスはどのような会社でも参入しているかと言いますと、実はそうではありません。新築会社にとってはリフォーム事業への敬遠意識があります。できれば新築の受注数を増やしたいと考えています。
 
数年後には市場縮小が起きますが、そのための準備として増改築リノベーションビジネスを立ち上げている会社はまだ限られています。
 
そして、リフォーム会社にとっては設計力や施工力で高いハードルを感じています。
 
今の増改築ビジネスはマーケット拡大が起きているにも関わらず競合会社が少ないという「非競合マーケット」となっています。
 
【事例紹介】
では、 非競合マーケットといいますが、どのような会社様が成功されているのかをご紹介させていただきます。
 
今回は北陸の住宅・不動産会社様の事例で、年間新築着工棟数50棟、OBストック1,500棟のメンテナンス事業をどうにか黒字にしたいという悩みから、メンテナンス事業をリノベーション事業に事業部転換させたことで小工事ばかりで売上のなかった事業部がリノベーションモデルハウス立ち上げ半年間で1.5億円の受注をすることに成功いたしました。
 
驚くべきはリノベーション担当者ですが、もともと新築の営業でリノベーション営業にコンバートして半年で、1.5億円のうち、半分の数字を上げていることです。
このようにリノベーションの知識がなくても受注ができてしまうほど「非競合マーケット」であることがわかります。
 

 

  • ポイント1
    「新築で培ってきた技術力が活かせる!」

 

  • ポイント2
    「高単価のため元新築営業がリフォーム営業よりも適任」

 

  • ポイント3
    「技術力が活かせ、価格競争に巻き込まれない!」

 
今ある実績や人材を活かし、新規事業参入で、30万人商圏で売上2.4億円を実現する事例の紹介をさせていただきました。
 
▼新規参入事例はこちら▼
http://www.fhrc.jp/reform/seminar/037732_lp/
 
 
1000万円クラス増改築ビジネス参入モデル企業視察ツアー

2018年12月4日(火)10:30~@福井
一般企業様 50,000円(税込 54,000円)/ 1名様
会員企業様 40,000円(税込 43,200円)/ 1名様


http://www.fhrc.jp/reform/seminar/037732_lp/
 

2018年11月12日
不動産業績アップメルマガ, 中古リフォームビジネス

■無料招待状■増税後にも勝つ高収益事業が学べる勉強会
 
 
メルマガ会員様限定で
特別”無料”参加招待状を送付します。
このメールだけの特別フォーム
ご用意していますので
ぜひメール本文を御覧ください。
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
■無料招待状■(20名様限定
増税後にも勝つ高収益事業が学べる勉強会
船井総研 不動産業績アップメルマガ
東京会場:2018年12月10日(月)
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
こんにちは、船井総研 砂川でございます。
 
本日は
メルマガ会員様限定で、20名様先着
戸建て分譲住宅研究会の
特別”無料”参加招待状
お届けしたいと思います。
 
本メルマガを購読いただいている
皆様であれば、必ずご興味を
持っていただける勉強会となっています。

特別講演の内容は下記となっております。
特別ゲストもお招きし実施する、
今年最後のビッグイベントとなっています。

無料で聞ける機会は
今後ありませんので
この機会を逃さないようにしてくださいませ。
 
____________________
 
■主な講座内容■
【第1講座】船井総研講座
分譲住宅ビジネスのトレンドと
今後の方向性について  
 
【第2講座】ゲスト講座
 株式会社グランデーズ
 代表取締役社長 亀井 浩様
  
 創業12年で売上24億円、
 経常利益3.5億円企業のグランデーズ様
 建売分譲年間100棟販売で、
 単価2,000万円以下の建売住宅でも
 十分な利益が出るよう徹底した規格化、
 合理化を進め事業を拡大されています。
 今回はそんなグランデーズさまを
 ゲストにお迎えして講演いただきます。
 参照URL:https://www.grandes.jp/
  

  
【第3講座】2018年分譲住宅ビジネス研究会
 ゴールデン大賞受賞企業講演
 分譲事業立ち上げ1年で年間51棟販売
 を達成された、ゴールデン大賞受賞
 企業様に講演いただきます。
 分譲事業立ち上げ時のエピソードから、
 商品、集客、営業戦略、
 さらに今後の展望まで、
 余すことなくご紹介いただきます。
 
 ●立上げ時の失敗、成功エピソード
 ●初年度51棟販売33棟
  引き渡し達成のポイント
 ●市場縮小時代に向けた会社の取り組み
 
____________________

 
こちらは、「戸建て分譲」
を中心に経営者・社長同士で
情報交換を中心にした
勉強会になっております。
 
住宅業界の現状として地方では人口減少が進み潜在的な顧客が減少傾向にあります。
 

 
その上、地方では年収 300 万円台がボリューム層になっています。
 

 
新設住宅着工数は減少も、
分譲一戸建ての比率は上昇。
こだわりの注文住宅だけでは、事業継続が難しくなっております。
 

 
皆様の2018年の業績は
いかがでしたでしょうか?
 
地方にも大手パワービルダーが進出し、市場の変化が現れています。
本勉強会は”単純に分譲に参入しましょう”という内容ではありません。
 
高収益事業を維持するための戦略・工夫や戦術を毎回60社以上の会員企業様が東京に一同に集まり切磋琢磨しながら、語りあい、ノウハウをシェアし業績アップを実現しております。
 
本メルマガを購読されている皆様も、今後の業界の課題解決に向けて日々取り組みを進めていることかと思います。
 
本日は、そんな経営者・社長様のために、メルマガ会員様限定の研究会の無料招待とさせていただきました。
 
<お申込み方法>
下記のURLの「お申込みはこちら」と書かれたボタンから申込フォームに飛んでいただき、ご記入いただければ、改めて事務局から正式にご連絡を入れさせていただきます。
 
http://www.fhrc.jp/bunjyo/study/index.html
 
東京会場:2018年12月10日(月)
 
 

2018年11月8日
住宅リフォームビジネス

住宅リフォームをもっと収益性が高い事業にするために
 
 
こんにちは。船井総合研究所の齋藤勇人です。
今週も最新メルマガをお送りします。それではご覧ください。
 
 
※このメルマガはこれまで、私共、リフォームビジネスコンサルタントと
ご縁があった皆様に、メルマガで情報発信を行っております。
皆様のお役に立てば幸いです。
 
 
≪要点をまとめると…≫
 
 

  • ポイント1
    「商品を絞る(総合リフォームからの脱却)」

 

  • ポイント2
    「事業の商圏を絞る」

 

  • ポイント3
    「オペレーションを絞る」

 
収益性の高い超効率型リフォームビジネスモデル「FAST-Reform」
研究会無料お試し参加受付中!

http://www.fhrc.jp/reform/guide/fast.html
 
〈11月〉11月16日(金)11時~17時@株式会社船井総合研究所 東京本社
〈1月〉1月15日(火)13時~17時@株式会社船井総合研究所 東京本社
 

 

2018年11月7日
船井総研発!1000万円クラス増改築ビジネス業績UPメルマガ


http://www.fhrc.jp/reform/seminar/037732_lp/

 
 
船井総合研究所の稲葉です。
船井総研発!1000万円クラスの増改築ビジネス業績UPメルマガをお送りしますのでご覧ください。
 
\リノベーションモデルハウス開設後4ケ月間で2億円受注に至ったポイントをまとめると・・・/
 
◆ポイント1
「リノベーションモデルハウスをビジネスモデルの基点に据える」
 
◆ポイント2
「自社資源の適合」
 
◆ポイント3
「豊富な1000万円級増改築案件の獲得」
 
 
<<以下、島根県の住宅会社 夢工房様の取り組み内容をお伝えます>>

Facebook D䑍yZEsYz
無料経営相談 0120-958-270(平日9:00~18:00)
ページトップ
無料経営相談 0120-958-270 ネットからのご相談はこちらから