研究会実況中継

一覧に戻る

分譲住宅ビジネス研究会1月度例会

開催日:2018年1月18日
開催場所:船井総合研究所 丸の内オフィス
2018年1月18日(木)に「分譲住宅ビジネス研究会 2018年1月度例会」が
弊社 船井総合研究所の丸の内オフィスにて開催されました。
 
2018年最初の開催となりました「分譲住宅ビジネス研究会」では 
47社63名の方にお集まりいただきました。
お集まりいただいた皆様、誠にありがとうございました。
 
今回の講座といたしましては、
◆船井総研講座:住宅不動産業界向けダイレクトリクルーティング成功事例
◆ゲスト講座:高回転を実現するための現場の生産性UPの秘訣 株式会社Standard様 
◆情報交換会:施工の工程管理について
 
の3部構成で開催されました。
今回はその内容をレポートとしてお伝え致します。
分譲住宅ビジネス研究会1月度例会
【第1講座】船井講座 「住宅不動産向けダイレクトリクルーティング成功事例」

【第1講座】船井講座 「住宅不動産向けダイレクトリクルーティング成功事例」

船井総研講座では「住宅不動産向け ダイレクトリクルーティング成功事例」
と題しまして、 船井総合研究所 HRDコンサルティング事業本部 部長
宮内 和也よりお話をさせていただきましました。
 
未曽有の人手不足時代と言われる昨今、
マーケティングとマネジメントの両輪を回すことが、これからの業界での
業績UPの王道となります。
その為には、「ポータルサイト頼り」の採用から「自社採用サイト(Indeed)」を
利用したダイレクトリクルーティング(DR)の強化が最優先事項です。
 
ダイレクトリクルーティングを成功させている会社の1名入社の採用KPIとして、
表示回数(100,000回)⇒アクセス数(1%)⇒応募数(1%)⇒入社数(10%)
があります。
そのKPIを達成させるために下記3つの戦略が必要です。
 
①     運用戦略
②     ページ戦略
③     面接戦略

 
以上の戦略を戦術にまで落とし込み、実践した結果、
大進建設様は9か月で14人の採用、採用単価13.3万円の成果を
残されています。
講座では具体的な戦術まで深堀した内容を事例交えて講演しました。
 

【第2講座】ゲスト講座 高回転を実現するための現場の生産性UPの秘訣 株式会社Standard 代表取締役社長 有田様

成功事例企業発表として、
株式会社 Standard 代表取締役社長 有田様よりお話をいただきました。
 
Standard様は2007年2月の設立後、
静岡県で2017年度には注文44棟・分譲6棟で売上11.8億円着地を予定する
会社様です。
 
Standard様は工期60日と粗利率34%実現のポイントとして下記3つを
実行されております。

①    社内分析を行う
②    経営計画を作成する
③    社長が業者に交渉を行う
 

以上の3つを行う事で、工期60日と粗利率34%の結果を残しています。

Standardの有田様には、
この具体的な取り組みについて詳細にお話いただきました。
歩掛りの管理やクリティカルパスの把握など基本的ではありますが、
徹底して実行することが大切です。
分譲事業に新規参入するにあたって、非常に参考になるお話を頂きました。
【第2講座】ゲスト講座 高回転を実現するための現場の生産性UPの秘訣 株式会社Standard 代表取締役社長 有田様
情報交換会『施工の工程管理について』

情報交換会『施工の工程管理について』

今回の情報交換会は「施工の工程管理について」をテーマとした
情報交換会を行わせて頂きました。
今回は、各会社の現状を書き出した上で、
会員様同士で発表し、フィードバックを行って頂きました。
 
「実際に工期はどのくらいかかっているのか?」
「工程管理をしてどうやって工期を短縮できるのか?」等意見を出し合って頂き、
各グループ代表の方がファシリテーターとなり、情報交換を行って頂きました。
 
普段中々接することのできない環境で、会員様同士がありのままを話し合い、
白熱した情報交換会となりました。
 
今回の分譲住宅ビジネス研究会2018年度最初の例会ですが
総勢47社63名と、数多くの会社様にご出席頂きました。
誠にありがとうございます。
 
今年初の例会として、大いに盛り上がった例会となりました。
今後も皆様に有益な情報をお伝え出来る様、尽力させて頂きます。
これからも研究会でたくさんのノウハウを共有し、
会員様皆様で大きく業績を伸ばしていきましょう。
               
次回例会は、2018年3月22日(木)に、
株式会社 サンタ不動産様の視察ツアーを行います。
既存の会員様はもちろん、皆様のご参加を一同、心よりお待ち申し上げます。
前の研究会へ 一覧に戻る 次の研究会へ
ページ先頭へ戻る