住宅不動産部とは 新築住宅 不動産仲介&リフォーム リフォーム 賃貸仲介 賃貸管理 高齢者・介護ビジネス 新電力ビジネス

HOME > 毎日更新!業界動向ニュース

最新の記事

最新の記事
2017年10月12日(木曜日)

「ウェルネスシティつくば桜」、住民が歩きたくなる仕掛けで健康維持、3つのキーワードでまちづくり

facebook
twitter

 一般財団法人住宅生産振興財団がコーディネートし、積水ハウス、住友林業、ミサワホーム、パナホームの4社が共同開発している住宅地「ウェルネスシティつくば桜」(茨城県つくば市)。6ヘクタール、163区画の戸建住宅の分譲地であるこのまちは、「健康に楽しく暮らせる」をコンセプトに、「思わず歩いてしまう」(上井一哉積水ハウス東京設計室部長)まちを目指して、ハード、ソフトの両面での工夫がされている。キーワードは「安全快適なまち」、「仲間がいるまち」、「美しいまち」――3つ。積水ハウスが全体の街区デザインを統括しているが、ミサワホームの温熱環境を快適に保つ「微気候デザイン」を採用するなど、複数のハウスメーカーによる共同開発ならではのまちづくりが行われている。

一覧へ戻る
無料経営相談 0120-958-270
ページトップ
無料経営相談 0120-958-270 ネットからのご相談はこちらから